フォト
無料ブログはココログ

« 雲ばかり | トップページ | インフラ通報システム »

2021年7月28日 (水)

読む・打つ・書く

定点観測。

Img_20210728_075714

Img_20210728_075718

Img_20210728_075723

Img_20210728_075727

Img_20210728_075737



雨がない。
ざっとひと雨来て、涼しくなるという夏らしい夕立が欲しいものだ。
今はもう、夕立って言葉の実感がない。


橋の下にサギを見つける。
昨日のサギと同じかな。
あまり動かずにじっとしていた。
Img_20210728_080030-00
Img_20210728_080030



同じく川の堤にて
トンボは無数に飛んでいるので逐一撮らない。
たまたま近くに止まって、しばらく動かなかったので
Img_20210728_095956


朝の空気を楽しむラスカル
Img_20210728_080433

何だか懲りないなあ
Img_20210728_194409



日当たりの環境がよくないのだろう、育ちがいまいちだが、それでも実が赤くなるとうれしいものだ
Img_20210728_080727



朝、机に向かっていると図書館から電話があった。
昨日、購入希望でリクエストした本が入ったとのこと。
何の事はない、既に購入予定もしくは購入して貸し出しの準備を進めていたようだ。
Img20210729_13232667
「読む・打つ・書く」 三中信宏

「読む」とはそのままで概ね読書、「打つ」は書評のことで公表するしないにかかわらず読書したその感想等を記録しておくこと、そして「書く」は執筆することアウトプットすること。
その昔であれば、紀田順一郎などが読書論の第一人者(いやこれも相当に古いランク付だな)だったが、今やインターネット、SNSの時代にあっては新しいモノが必要になってきたはずだった。
大げさに言えば、三中信宏は出てくるべくして出てきた人。(ちなみに同い年)
文系の人でなく、理系の人というのも面白い。
まだ、読み始めたばかりだがいい感じ。



オリンピックの真っ最中だが、コロナ感染者の数が最高になっている。
オリンピックに浮かれている時ではないかな。
医療現場にしてみれば、負担を押し付けられたような気にはなるかな。



« 雲ばかり | トップページ | インフラ通報システム »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雲ばかり | トップページ | インフラ通報システム »