フォト
無料ブログはココログ

2017年9月10日 (日)

道にスタートラインを引く

定点観測。

Dsc_2099

Dsc_2100

Dsc_2101

Dsc_2102

Dsc_2103


 

 

 

イタミ朝マルシェ

カミさんの手伝い。

Dsc_2104

今日の音楽は、五月エコちゃん。

Dsc_210502

Dsc_2107

朝の準備と、片付けの手伝い。

鳴く虫と郷町は、昨日からスタートしており、虫籠が吊るされている景色がなんともいい。

Dsc_2112

 

 

 

昼から車の掃除。 ……の予定だった。

車の掃除道具を取り出そうと、玄関に置いてある自転車を移動させた時だった。

たまたまそこに消化器があった。

たまたま安全ピンが抜かれていた。

たまたま自転車が消化器に触れた。

たまたま消化器が倒れて、消化スイッチに当たるグリップを床で強打した。

必然的に消化活動を始めた。

玄関でピンクの粉が舞い上がる。

慌てて、外に引きずり出すが、近所もピンクの煙に包まれ、吸い込んだ粉でむせ返る。

Dsc_2122

Dsc_2123

Dsc_2119

Dsc_2118

消化器は。もう20年以上も前のもの。

ぜんぜん使えてる。

定期的に再充填してくださいなんてことが信じられない程、きちんと作動した。

この片付けで約2時間。

車の掃除を終えるまでに4、5時間かかってしまった。

 

まあ、こんな日もある。

2017年9月 9日 (土)

鳴く虫と郷町

定点観測。

Dsc_2092


Dsc_2093

Dsc_2094

Dsc_2095

Dsc_2096

 

 

伊丹鳴く虫と郷町/伊丹酒樽夜市

昨晩のこと。

鳴く虫と郷町始まりました。

仕事を終え、少しだけ覗く。

Dsc_2087

Dsc_2091


 

 

本日は、カミさんの店の手伝い。

荷物の移動など。

一時的に荷物を置かせて頂いている昔ながらの長屋建築。

ふと見ると、日本の大工仕事がしてあった。

Dsc_2097




2017年9月 8日 (金)

朝の鳥

定点観測。

Dsc_2072

Dsc_2073

Dsc_2074

Dsc_2076

Dsc_2075

昨夜の雨も上がり、空気もひんやりと落ち着いている。

それもあってか、秋の虫が朝から元気に鳴いている。

気持ちいい天気を堪能していたら、川に取りの姿があった。

Dsc_2076_2





 

 

 

今日の伊丹空港

Dsc_2078

Dsc_2077

Dsc_2080


 

 

 

今日のモノレール

Dsc_2083

Dsc_2086

2017年9月 6日 (水)

今日の獲物

定点観測。

Dsc_2049

Dsc_2050

Dsc_2051

Dsc_2052

Dsc_2053

雨の予報だったが、ちょうどその狭間の時間に運良く出勤。 

 

 

 

今日の伊丹空港

Dsc_2055

Dsc_2054

Dsc_2056


 

 

 

今日の獲物

昨日は、スピカがヤモリを捕まえてきた。

サイドボードの下に連れ込んで、これからおもちゃにしようとして口から離した瞬間に逃げられたらしい。箱の隅っこや下をガサゴソやっているが、結局出てこず。

そのうちに出てくるだろうとのんびり待つことにする。猫達に先に見つからないことを祈るのみ。

今朝は、こいつ。朝起きて、居間を覗くと、床に落ちていた。そばに居たのはラスカル。

Dsc_2048

まだ、生きていた。

セミとかはまだしも、こいつはいただけない。

2017年9月 3日 (日)

伊丹郷町屋台村 二日目

定点観測。

Dsc_2001

Dsc_2002

Dsc_2003

Dsc_2004

Dsc_2005

 

 

 

 

今日の伊丹空港

Dsc_2008

Dsc_2007

Dsc_2012

 

 

伊丹郷町屋台村

屋台村最終日。

仕事を終えて、カミさんと待ち合わせ。

この日の目的は、「屋台村カクテル」。

池内啓一氏が提供するカクテル。

照会文

昭和初期のカクテルブックに掲載の「シャンディガフ」のレシピを再現。スタウトビールをベースにした黒いシャンディガフです。レシピにあるキュラソは、液で滴下せず、アイレという技法で泡状にし、口元で香る新しいスタイルで提供いたします。

Dsc_2023

カクテルにあまり馴染みがないので新鮮な味わい。

Dsc_2026

サックスを聴きながら

Dsc_2024

ちょいと、いろいろつまみながら

2017年9月 2日 (土)

伊丹郷町屋台村

定点観測。

Dsc_1972

Dsc_1973

Dsc_1974

Dsc_1975

Dsc_1976_2


 

 

 

今日の伊丹空港

Dsc_1986

Dsc_1985

Dsc_1987

本日は、休日出勤につき少しゆっくりと出社。

空港の展望デッキから景色でも眺めるかと階段を上がってみる。

Dsc_1978

いい天気。屋内で仕事をするのが勿体無いくらいだ。

 

 

昨晩のスピカ

Dsc_1971

 

 

 

 

伊丹郷町屋台村

仕事を終え、カミさんの待つ会場へ。

数日前から準備をしていたのは知っていたが、非常に盛り上がっていい感じ。

Dsc_2000_2

子供たちがかぶりつきでいい感じ。

Dsc_1995

2017年9月 1日 (金)

理化学研究所創立100周年

定点観測。

Dsc_1956

Dsc_1957

Dsc_1958

Dsc_1959

Dsc_1960


 

 

 

今日の伊丹空港

Dsc_1963

Dsc_1962

Dsc_1964

Dsc_1965

 

 

空港周辺

Dsc_1968

Dsc_1969

 

 

 

理化学研究所創立100周年

郵便局で見慣れない記念切手を発見。

2519_00100

理化学研究所創立100周年

①黎明期の理化学研究所の製品
 理研ヴィタミン、ピストンリング、ウルトラジン眼鏡、
 アイエム泉効計、アルマイト製品(レコード盤)を表現。

②スーパーコンビュータ「京」
 「1016FLOPS」とは、スーパーコンピュータ「京」の1秒問
 の計算回数(1京(10の16乗)回)を表現。背景の
 長方形は、コンピュータの筐体が並ぶ様子をイメージ。

③113番元素ニホニウム(Nh)
 亜鉛(Zn)とビスマス(Bi)から合成され、ヘリウム(He)
 の原子核を放出しながら、メンデレビウム(Md)に
 変化するまでの様子を表現。

④植物、動物組織の顕微鏡写真
 (上から)アスパラガス、上皮細胞の細胞間接看、
 ヒョウタンゴケ、マウス皮膚組織、センニチコウ。

⑤重イオン
 (上から)仁科乙女(にしなおとめ)、仁科蔵王(にしな
 ざおう)、仁科知花(にしなともか)を表現。

 

2538_001

科学者の自由な楽園

ノーベル賞学者の朝永振一郎に「科学者の自由な楽園」というエッセイ集が岩波文庫になっている。

この中の同題の文章は、理化学研究所のことを綴ったもの。

成果を求められない自由な研究環境は、楽園以外の何物でもなかっただろう。

今の時代、そんなことを言っていられないのは重々承知ながら、基礎科学の分野にはそれくらいの度量を示してもよいだろうと思う。

近年では、ニュートリノの検出で知られたカミオカンデなどはその例だろう。

理化学研究所の歴史に関しては、宮田親平の同題の著作が光っている。

Sim

今は、「『科学者の楽園』をつくった男:大河内正敏と理化学研究所」というタイトルで河出文庫になっているようだ。

2017年8月31日 (木)

スピカは今日も元気

定点観測。

Dsc_1943

Dsc_1944

Dsc_1945

Dsc_1946

Dsc_1947

 

 

 

今日の伊丹空港

Dsc_1950

Dsc_1949

Dsc_1952

Dsc_1955


 

 

昨日のスピカ

Dsc_1938

Dsc_1937

ああ、自由だ~


Dsc_1939

最近のお気に入り。

お母さんのカゴ。

Dsc_1941

網戸にジャンプするスピカ

2017年8月30日 (水)

スピカの獲物

定点観測。

Dsc_1927

Dsc_1928

Dsc_1929

Dsc_1930

Dsc_1931

 

 

 

今日の伊丹空港

Dsc_1933

Dsc_1932

Dsc_1934


 

 

 

スピカの獲物

一昨日の夜。

外から帰ってきたスピカが、 タッ タッ タッと部屋の奥に駆け込んでいく。

その動きに素早く反応したつもりだったが一瞬遅く、捕まえそこねてサイドボードの下に入り込まれた。

荷物を移動させ、スピカの様子をみると、何やら探しまくっている。

はやり、そうだ。

獲物を捕まえ、遊ぼうとした所、逃げられたに違いない。

あちらこちらと探してみると、ピクピクと動くヤモリの尻尾だけが見つかった。

結局本体の姿が見つからず。そのままスピカも諦めた様子だ。

この時が始めてではなく、数日に1回はヤモリを捕まえてくる。

そのたびに引き離しては、外に逃がしてやるのだが、この時ばかりはそうはならなかった。

もっとも、ヤモリは害のない生き物で、むしろハエや蚊といったものを捕ってくれるのでやさしい生き物といえる。ただし、あまり家の中で飼いたいものではない。

 

今朝、会社に行く支度をしていると、壁に尻尾の切れたヤモリを見つけた。

スピカやラスカルに見つかる前に発見できて幸いだった。

Dsc_1926001

無事、確保して逃してやる。

まあ、猫との暮らしとはこんなものだろう。

2017年8月29日 (火)

スピカ

定点観測。

Dsc_1915

Dsc_1916

Dsc_1917

Dsc_1918

Dsc_1919

 

 

 

今日の伊丹空港

Dsc_1921

Dsc_1920

Dsc_1922

 

 

今日の空港周辺

Dsc_1923

様々な施設ができつつある。

 

 

 

昨日のスピカ

Dsc_1914

Dsc_1914_2

どこかでケンカしてきたようで……

少しへこんでます。

本当はこんなきれいな顔。

Spica

«今朝のラスカルの獲物